生活のじかん
生活を発見する。
ワーックショップという形式で経験する
今回の遠足は、ここ津軽でしかできないもの。なぜなら、この津軽が舞台でそこに生活する人々がその舞台に立つ役者のようなものだからです。津軽という土地はすばらしい。そのすばらしさを広く多くの人々に知ってもらいたいと思うのと同時に、自分たち自身でもそのすばらしさを再認識してみたいのです。この遠足では岩木山が象徴する「場としての津軽」に様々な人が集まります。ここで暮らす人々とここを訪れる人々の出会いの場でもあるのです。恐らくここは生活というものを見つめ直し、発見し、そして育んでいく事にうってつけの場所なのです。

「自然農法のリンゴ」の木村秋則さん、「森のイスキア」の佐藤初女さん、「ダ・サスィーノ」の笹森通彰さんなど、津軽を拠点に活動しこの風土に見合った、普遍的な方法を見いだしている方々に導かれつつ、私たちの生活における大切な何かをここで発見したいのです。
next
© ai sasaki